Matsumoto Taro Official Site

Top | Profile | Live | Release | Lesson | Mail



Profile

松本 太郎

松本 太郎
 尺八家


1973年、大阪生まれ奈良育ち。
1989年、竹保流のライリー・リー師に師事。同師の導きで、オーストラリア に4年間留学。グリフィス大学に在学中、偶然耳にした海童道祖の録音に感銘を受け、尺八演奏家を志す。
1997年よ り、琴古流の石川利光師に師事。虚無僧本曲、古典三曲、現代曲、蘭童曲を学ぶ。後に、琴古流鈴慕会の 手法を米村鈴笙師に、九州系地歌との合奏法を中野幹子師に学ぶ。
虚無僧本曲をベースに、ジャズ、三曲、現代音楽ほか、各種コラボレーショ ン、学校講演、芝居の音楽やオペラの伴奏、楽曲提供等、国内外で、多彩な活動を続けている。
2004年、初リサイタル。2015年第二回リサイタル。


海外はこれまでに、韓国、カナダ、スイス、フランス、スェーデン等で演奏を行なう。
2014年 スェーデン笛フェスティバルに招待、ワークショップとコンサートを行う。
国内では、2008年世界陸上のオープニングアクトを務める等。
バック演奏としてはこれまでに、朝崎郁枝、おおたか静流、スージー黒岩、ペギー葉山、下田逸郎等。松阪慶子主演の朗読劇では舞台音楽を担当(徹子の部屋コンサート等)。
バンド「沙弥音」で、毎月満月の夜に新薬師寺にて奉納演奏を6年間続けた。
奈良 氷室神社 桜花祭では毎年、奉納演奏をする。
東京大神宮のプロモーションフィルムの音楽を製作する。


2010年コンサート「子どもたちに伝えたい日本の音楽」をプロデュース、出演。
2011年 スェーデンリコーダー奏者ヨーランモンソンとのコンサート「笛の音」をプロデュース、出演。2015年には「笛の音 2」開催。
2012年コンサート 「渡津海鱗宮」〜福田蘭童の名曲の数々〜 をプロデュース、出演。


2005年より、スイス人ジャズピアニストの、ロジェ・ワルッヒとユニット結成。2枚のCDをリリース。スイスは2度のツアーをし、国内外で活動する。2014年 日本スイス国交樹立150周年コンサート「尺八とジャズピアノ」開催。


奈良100年会館主催の万葉オペラには、第2回より毎年参加。


奈良市内に尺八教室を構え、門人の発表会や、秋の講習会、新年の初吹きの会等、開催し指導している。奈良市総合財団主催の子ども尺八教室講師。黒髪山音楽ホール「基本のき塾」講師。


古典本曲の解釈を通して自然な身体の用い方を研究している。


お気に入りパワースポットは春日山原生林と平城宮跡。
趣味は畑仕事。


(2016年 12月)


Taro Matsumoto  Shakuhachi Player

Born in Osaka , in 1973.
Studied classic shakuhachi music under the world famous player , Riley Lee and Toshimitsu Ishikawa.
He holds his concerts mainly in Kyoto and Osaka.
He holds his class in Nara prefecture.













この映像は、ロジェー・ワルッヒ氏が "One Day in Kyoto"プロジェクトにより撮影したものです。
ロジェー・ワルッヒ氏の他の映像も見る>>


Top | Profile | Live | Release | Lesson | Mail

Copyright (C) Matumoto Taro All Right Reserved.